2021.07.19 [更新/お知らせ]
第34回東京国際映画祭×Amazon Prime Video「Amazon Prime Video テイクワン賞」募集受付開始!

作品応募の受付は終了しました
 
10月30日(土)~11月8日(月)開催予定の第34回東京国際映画祭にて、この度Amazon Prime Videoの協賛により、短編の審査によって才能ある新人監督を発掘する「Amazon Prime Video テイクワン賞」を新たに設立することを決定いたしました
 
Amazon Prime Video テイクワン賞
 
東京国際映画祭ではこれまで日本映画を世界に向けて送り出していくことを大きな目的の1つとして、チャレンジングなものからスケール感溢れる作品まで数多くの日本映画を紹介してきましたが、更なる才能の発掘を目指して、商業長編映画経験のない日本在住の映画作家を対象にし、15分以下の短編の審査によって決定される新人監督賞を新たに設けることとしました。(応募規約の詳細に関しては下記をご参照下さい)
この新たな才能の発掘という趣旨に、国内外で優れたオリジナル作品を制作し多様な映像作品を配信している大手動画配信サービスであるAmazon Prime Videoが賛同し、協賛をして頂くことになりました。受賞者にはAmazon Prime Videoから賞金100万円の他に、Amazonスタジオとの長編映画の製作を模索する機会が提供されます。審査員に関しては正式に決まり次第発表させて頂きます。
短編という制約のあるフォーマットの中でもキラリと光るような才能を発掘し、映画の地平線を広げていくような才能を東京から世界に向けて羽ばたかせていければと思っております。
つきましては、本賞に関して、本日より応募を開始します。
 


 
■東京国際映画祭チェアマン 安藤裕康 コメント
どこかに潜んでいる未知の才能が見出され、この東京国際映画祭から世界へと飛び立っていく姿を想像しただけでワクワクします。映画の新しい時代を切り開く有為な人材に期待しています。
 
■Amazonスタジオ アジアパシフィック責任者 エリカ・ノース コメント
Amazonスタジオは世界のクリエーターや表現者、そして制作にかかわる皆様にとって“Home for Talent(才能ある人が集う場所)”になることをビジョンとして掲げています。我々は、皆様からAmazonスタジオならびにAmazon Prime Videoと働きたいと言っていただける存在であるために、安全で働きやすく、クリエイティビティ―を制限しない環境を提供することを目指しています。日本だけではなく、世界をターゲットに活躍を望む日本のクリエーターの皆さんにとって、この賞が今後のご活躍のきっかけとなることを心より望んでいます。
 


 

尚、東京国際映画祭は今後も国内外の感染状況を注意深く見守りながら、場合によっては、開催の可否を含めて、改めて様々なオプションを検討する必要に迫られる可能性もあることをご理解頂ければと思います。

 
<Amazon Prime Videoについて>
Amazon Prime Videoは、Amazon Original作品を含む映画からドラマ、バラエティ、アニメなどのテレビ番組まで、豊富な作品をお客様にご提供しています。また、全ての作品を、数百もの対応デバイスでご覧いただけます。
amazon.co.jp/PrimeVideo
 
Amazon Prime Video テイクワン賞作品応募について
応募規約
第1条【応募資格】
Amazon Prime Videoテイクワン賞への応募作品は、以下の条件を満たすこと
(1)上映時間が15分以内の短編であること
(2)2020年1月1日以降に完成した作品であること
(3)東京国際映画祭の開催期間中及びそれ以降にAmazon Prime Videoで全世界に独占的に配信可能であること
(4)これまで商業映画の監督、脚本、プロデューサーを担当したことがない映画作家の監督作品であること
(5)日本在住の映画作家の監督作品であること
(6)東京国際映画祭及びAmazon Prime Videoテイクワン賞に関連したプロモーション(受賞者又はファイナリストに選出された場合における、Amazon及び東京国際映画祭の各種宣伝活動(授賞式への出席、取材対応、インタビューの撮影、SNSへの投稿等)を含む。)に協力できる映画作家の監督作品であること
(7)受賞した場合、長編映画の企画開発につきAmazonと協力できる映画作家の監督作品であること
 
第2条【賞】
(1)東京国際映画祭及びAmazonは、応募作品の予備審査を行い、数名のファイナリストを選出する。ファイナリストの作品は東京国際映画祭期間中に公式上映会場の一つで一般観客に向けて上映されるほか、AmazonのPrime Videoにおいて一部又は全編が配信される可能性がある
(2)東京国際映画祭及びAmazonに選出された審査員は、ファイナリストの作品を審査し、その中からAmazon Prime Videoテイクワン賞を決定する
(3)Amazon Prime Videoテイクワン賞の受賞者は以下を授与される
①Amazon のオリジナル制作部門であるAmazonスタジオに対し、長編映画の企画提案を行う機会
②長編映画の脚本の執筆につき、プロフェッショナルによるメンターシップを受ける機会
③Amazonスタジオと協力して長編映画の脚本開発に取り組む機会*
④賞金100万円
*脚本の映画化の判断、映画化の場合の監督及びプロデューサーの選定はAmazonが決定権を有する
 
第3条【応募方法】
(1)エントリー
東京国際映画祭公式サイトより応募のこと
第1条の出品資格を満たす者は、WEB上のエントリーフォームを記入のうえ、オンラインスクリーナーを提出すること
(2)エントリー期限、エントリー料
エントリー期限:2021年9月15日まで
エントリー料:無料
(3)提出方法
エントリーフォームの該当箇所にリンクを記載すること
(4)結果通知
ファイナリストに選出されたか否かの結果は2021年10月中旬頃までにE-mailで通知する
(5)ファイナリスト資格要件
ファイナリスト候補となった場合、別途送付する作品の配信・受賞特典等に関する条件への同意をファイナリストの資格要件とする
(6)了解事項
出品者は、本規約およびエントリーフォームの内容を完全に理解し了承したとみなされる。当規約およびエントリーフォームに規定されていない事項および疑問については、国際映画製作者連盟の規約に基づいてTIFF組織委員会が裁定する
(7)ファイナリストに選出された作品は東京国際映画祭期間中に公式会場の一つで上映される。上映素材はDCPとなり、そのパッケージ作成費は原則的に東京国際映画祭が負担する
 
【この賞に関するお問合せ】
東京国際映画祭事務局 Amazon Prime Videoテイクワン賞係
takeone@tiff-jp.net
(@を半角にして送信してください)
 
 

新着ニュース
2021.11.22 [更新/お知らせ]
  • 都営地下鉄・都営バスキャンペーン
  • デイリーペーパー「TIFF Times」
オフィシャルパートナー