2021.11.06 [イベントレポート]
劇場アニメ『フラ・フラダンス』水島精二監督、脚本家・吉田玲子の仕事を「オファーがいっぱいくるよね」と称賛
C_1_8531
水島精二監督

第34回東京国際映画祭のジャパニーズ・アニメーション部門の特集「2021年、主人公の背負うもの」で11月6日、劇場アニメ『フラ・フラダンス』が東京・TOHOシネマズシャンテで上映され、総監督の水島精二がQ&Aイベントに登壇した。

『フラ・フラダンス』は、福島県いわき市を舞台に新人フラガールたちの成長を描くオリジナル作品。東日本大震災から10年の節目に被災3県を舞台にしたアニメを製作するプロジェクトの1作であり、福原遥、美山加恋、山田裕貴、ディーン・フジオカらが声の出演をしている。

C_1_8398

いわき市内の大型レジャー施設「スパリゾートハワイアンズ」など、企画段階から市内各所をロケハンした水島監督は、「取材を通してお仕事ものにするのがいいのではと思った」と作品の大枠を着想した経緯を明かす。『シコふんじゃった。』など周防正行監督作が好きだといい、「(お仕事もの映画は)みんなが知っているけど詳しくは知らない世界を、映画を通して知ることができる」のが魅力で、「憧れていた部分があった」と念願のジャンルに初挑戦できた喜びをにじませていた。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」など、数多くのアニメ作品に参加する脚本家の吉田玲子氏と初めて仕事をした水島監督は、「スムーズに脚本作りができた」と振り返る。コメディ色が強かった水島監督の作品メモを、吉田氏がプロット段階で等身大のドラマに上手く昇華させていったと話し、「そりゃあ、お仕事のオファーがいっぱいくるよね」とその仕事ぶりを称賛した。

C_1_8552

質疑応答コーナーでは、作品を見たばかりの観客から具体的なシーンやロケ地に関する質問とあわせて「元気をもらった」という感想が多く寄せられ、水島監督は作品の主な舞台であるスパリゾートハワイアンズに「ぜひ足を運んでみてください」と呼びかけた。

『フラ・フラダンス』は12月3日から全国公開される。第34回東京国際映画祭は、11月8日まで開催。
新着ニュース
2021.11.22 [更新/お知らせ]
  • 都営地下鉄・都営バスキャンペーン
  • デイリーペーパー「TIFF Times」
オフィシャルパートナー