2021.09.07 [更新/お知らせ]
第34回東京国際映画祭 新ポスター解禁!ビジュアル監修はコシノジュンコ!

新ポスター解禁!

撮影:伊藤彰紀(aosora) ©2021 TIFF

 
10月30日(土)~11月8日(月)にて開催予定の第34回東京国際映画祭ですが、この度新たなポスターが完成しましたので、報告させて頂きます。昨年まではソフトバンクのCMなどで有名な佐々木宏氏がクリエーティブ・ディレクターを務め、蜷川実花さんの写真をあしらった形のデザインでポスターを展開してきていましたが、今年からは日比谷・有楽町・銀座エリアへの移転や部門の改変などもあり、東京国際映画祭が新たに生まれ変わる年ということで、ポスタービジュアルも人をフィーチャーした形のこれまでにないものに刷新をしました。
 
そして、今回のビジュアルを手掛けて頂いたのは世界的に著名なデザイナー、コシノジュンコさんになります。コシノさんがご自身で作った伊藤若冲のニワトリの画をモチーフにした衣装をまとった女性が風を切って歩いていくイメージで作り上げたものになります。今年の東京国際映画祭の大きなテーマの1つとして「越境」というコンセプトがあり、コロナによるコミュニケーションの断絶、男女差別、経済格差、国際紛争、色々なボーダーが世界にはあるかと思いますが、そういったものを乗り越えて、さらにその先にある映画の姿を観て頂きたいという思いがありました。今回コシノさんに手掛けて頂いたポスターはそういったコンセプトをビジュアライズしてもらったものになります。風を切って未来に向かっていく映画の姿を東京国際映画祭でご覧頂ければと思います。
 


 
■コメント

Ms.JunkoKoshinoコシノジュンコ
映画祭は憧れなので、今回のお話を頂いたときはびっくりもしましたがとても嬉しかったです。今回のビジュアルはかっこいい女性が、コロナも吹っ切れて、前に向かう、風を切って向かうというイメージが今回の東京国際映画祭のある意味でのビジョンでもあるかと思いました。そういう意味で、理屈ではなく、見てわかるというような、風を切って歩いて行くというような、そういったイメージで作りました。
⇒ コシノジュンコ コメント動画はコチラ

コシノジュンコプロフィール:
1978年から22年間パリコレクション参加。以降、北京、NY(メトロポリタン美術館)、キューバなど世界でショーを開催。国際的な文化交流に力を入れる。ブロードウェイミュージカル、JOCセカンドエンブレム等を手掛ける他、国内被災地への復興支援活動も行っている。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 文化・教育委員、2025年国際博覧会誘致特使、平成29年度文化功労者。2021年フランス政府より「レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ」受賞。近著「コシノジュンコ56の大丈夫」(世界文化社)。

 
東京国際映画祭チェアマン安藤裕康
コシノジュンコさんとは、これまでもパリ、ニュ-ヨーク、アジアの国々など世界中のあちこちで仕事をご一緒してきましたが、その国際感覚の豊かさと前向きなエネルギーにいつも圧倒されてきました。そういうコシノさんにこのたびデザインを担当頂くことになって、東京国際映画祭が国際色を一段と強め、ステップアップしていければと思っています。