2021.05.19 [更新/お知らせ]
[TIFFCOM] 第2回 Tokyo Gap-Financing Market 開催決定 プロジェクト募集スタート

TIFF-TIFFCOM
 
TIFFCOM 2021 -the Marketplace for film and TV in Asia-(第34回東京国際映画祭(TIFF) 併設ビジネス・コンテンツマーケット) は、2021年11月1日から11月3日に「Tokyo Gap-Financing Market (TGFM)」を開催いたします。同時に5月6日よりプロジェクト募集を開始しました。
 
TGFMは、日本、アジアをはじめとした世界から選抜されたプロジェクトを支援するプラットフォームです。特に資金調達、国際共同制作に関するサポートに力を入れており、プロジェクトの代表者は、TGFMが招へいする業界のエキスパート(セールスエージェント、配給会社、金融業者、放送局、投資家など)と1対1のミーティングを実施します。
昨年11月に開催した第1回では、選抜20企画が3日間にわたり合計186件の1対1オンラインミーティングを実施し、各々の企画を成立させるために必要な交渉を行いました。
 
今年のTGFMも20企画の選抜を予定しています。劇場または配信による公開を想定した長編映画またはTVシリーズの実写とアニメーションが対象で、予算規模やジャンルは問いません。全予算の一定割合以上(長編映画の場合60%、TVシリーズの場合50%)を確保していること、企画にアジアの要素を含んでいることを必須条件としています。
 
選抜された企画はミーティング実施のほか、TIFFおよびTIFFCOM2021において広範なネットワーキングの機会を得ることができます。TGFMでは、このプラットフォームを活用することでプロジェクトが軌道に乗り、より多くの優れた作品が生まれること、さらにはTIFF、TIFFCOMをはじめとした世界の映画祭およびマーケットで発表されることを目標としています。
 
⇒詳細はコチラ tgfm.tiffcom.jp
 
開催概要
イベント名Tokyo Gap-Financing Market(TGFM)(TIFFCOM2021内)
開催期間2021年11月1日~11月3日
プロジェクト募集締切2021年7月20日(火)
TIFFCOM2021が参加者の安全を配慮してオンライン開催となった場合、TGFMもビデオ会議システムを利用したバーチャル開催となります。
 
対象プロジェクト
長編映画(フィクション、アニメーション):70分を超える長編映画であれば、予算やジャンルの制限はありませんが、全予算の60%以上を確保していること、アジアの要素を含むことが条件です。
TVシリーズ(フィクション、アニメーション):予算やジャンルの制限はありませんが、全予算の50%以上を確保していること、アジアの要素を含むことが条件です。

新着ニュース
2021.05.15 [更新/お知らせ]