2021.03.15 [更新/お知らせ]
日比谷・銀座地区への移転、プログラミングの再編、ジェンダーパリティ 更なる飛躍に向け、東京国際映画祭が大きな改革へ!!

東京国際映画祭は、昨年コロナ禍の制約の下ではありましたが、リアルとオンラインのハイブリッド型で開催し、「映画館で映画を観る喜び」を再認識して頂くことが出来ました。
2021年もコロナの状況は依然厳しく今後の見通しは未だ不透明ですが、先日ベルリン国際映画祭マーケット開催のタイミングに合わせて、第34回の開催日程(10月30日―11月8日)を発表し、目下諸準備を進めているところです。
昨年はいくつかの新機軸を導入しましたが、東京国際映画祭は更なる飛躍を目指しており、今年もそのような努力を継続していきたく、まずは現時点で次のような措置を決定しましたのでお知らせいたします。
 
(1)上映会場の移転
メイン会場は2004年から六本木で開催してきていましたが、今年から日比谷・銀座地区に移転し、複数の劇場(*)を使用して実施いたします。同地区は映画の街として長い伝統と地の利を有し、多くの映画館に加えホテル、飲食店等関連施設も豊富です。また昨年から開催時期を合わせた東京フィルメックス(於 有楽町朝日ホール)は今年も同時期の開催であり、両映画祭が隣接することにより観客の皆様の鑑賞の利便が増すことになります。更に、世界の映画人が集まり歓談・交流する場として昨年新たにスタートし好評を博した「アジア交流ラウンジ」(国際交流基金との共催)は今年も是枝裕和監督のご協力のもと日比谷での開催を検討中であり、二つの映画祭での上映とアジア交流ラウンジでの映画人交流が有機的に連携して成果をあげることが期待されます。(昨年のアジア交流ラウンジの動画は東京国際映画祭公式YouTubeチャンネルにて配信中)
 
(2)プログラミングの再編
映画祭の核心ともいうべきプログラミングについても、部門の構成、コンペのあり方等全般にわたって再検討を行いたい考えで、検討結果はしかるべき時期に発表いたしますが、その関連で2004年より長年にわたりプログラミングの責任者として活躍してきた矢田部吉彦氏が退任し、4月より市山尚三氏がプログラミング・ディレクターに就任します。市山氏は、黎明期の東京国際映画祭でプログラミングを担当した経験があり、その後東京フィルメックスを創設したり、プロデューサー業務を手掛けたりして、諸外国とのネットワークも豊富に有しています。なお、同氏は東京フィルメックスのプログラミング業務からははずれ、東京国際映画祭のプログラミングに専念する形となります。

(3)ジェンダーの平等に向けた努力
署名映画祭の選考委員、作品の監督・キャスト・スタッフなどについての男女平等を推進している「Collectif 50/50」という国際的活動があります。応募作品の監督などの男女比の統計調査、選考委員の男女比の公表、映画祭の実行役員の男女比の公表などを明文化した同団体の誓約書に署名することを検討してきた結果、東京国際映画祭も3月8日の国際女性デーに合わせ署名を行いました。この誓約書には既に、カンヌ、べルリン、ヴェネチアを初め世界の156の映画祭が署名済ですが、アジアの映画祭としては東京国際映画祭が初めての署名となります
Collectif

上記に合わせて第30回(2017年)からフェステイバル・デイレクターを務めてきた久松猛朗氏が本年3月末をもって退任いたします。引き続き安藤裕康チェアマンの下で業務運営は継続してまいります。
コロナ禍の一刻も早い終息を祈りつつ、感染状況も注視しながら中止も含め様々なオプションを検討し、今後も秋に向けた準備を進めてまいります。
 


 
コメント
安藤裕康 チェアマン
コロナ禍の困難を乗り越えて、内外の映画人と観客の皆様が東京に集い、今年の映画祭を祝うことができるよう祈っています。我々もそのための努力を精一杯続けます。
 
市山尚三 プログラミング・ディレクター
昨年の東京国際映画祭はコロナ禍の様々な制限のもとでも意義ある映画祭は開催できることを証明しました。そして今、東京国際映画祭は大きな変革を迎えようとしています。私のこれまでの経験や知識を駆使し、その変革に寄与できればと思います。
 


 
(*)上映予定劇場(五十音順)
角川シネマ有楽町、シネスイッチ銀座、TOHOシネマズ シャンテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、有楽町よみうりホール